家の中での事故を防ぎ、安心して暮らせる住宅とは

注文住宅は自由に設計することが出来る事が魅力ですよね。年配の方が安心して暮らせる注文住宅とはどういったものでしょうか。今はまだ必要ない設備でも、建てる時に、後で取り付ける可能性を念頭に置いてスペースを作っておくと、取り付け費用を抑えることが出来ます。家の中での事故は毎年沢山発生しています。風呂や階段は、年配の方に合わせ、滑りにくい素材にすることや、しっかりとした手すりをつけましょう。 年を取ると、階段を使うことが辛くなるケースが多いです。平屋にするのも良いですが、そこまでのスペースがない場合などは、生活の基盤を1階にまとめることをお勧めします。リビングやキッチン、バス・トイレなどを1階に設置しておくと、年配の方々にとって便利です。車椅子が必要になった場合も、1階に全てが揃っていると生活しやすいです。また、介護を人にお願いするときも、2階をプライベートな場所にすることが出来ます。

自由にカスタマイズすることが出来る住宅

高齢になってくると、今までは問題ではなかったことが悩みの種になってきます。例えば、ちょっとした段差や、家事の手間などが若い頃とは比べものにならない程負担になることがあります。注文住宅を建てる際に、将来必要になりそうな設備を付けることが出来るように、カスタマイズしやすい家にしておきましょう。 具体的には、玄関の段差を少なくするか、スロープを設けるスペースを確保すること。廊下は、出来るだけ広くとり、動線を確保し、車椅子でも通ることが出来るようにするのがお勧めです。バス・トイレは、介助する人と一緒に入ることが出来るように、広めのつくりにしておくと良いでしょう。介護用の設備は日々進化しています。住宅を建てるときには、いま必要な設備のみを付けるようにして、ゆったりとしたスペースを楽しみ、必要が生じたら設備を付けることをお勧めします。