二世帯同居の注文住宅なら3つのタイプを知っておくこと!

一口に二世帯同居の住宅といっても幾つかのタイプがあり、それぞれの特徴を知らないと、十分にメリットを活かせないことにもなりかねません。そこで次の3つのタイプを理解しておくことが大切です。まずは二世帯が完全に同居するタイプの住宅です。玄関はもちろんリビングやキッチンさらにトイレに至るまで、ほぼ全ての部屋や設備を共有して生活します。

次のタイプは部分共有型と呼ばれる二世帯住宅。このタイプではその名称の通り、玄関やリビングのみだったり、キッチンだけといったように、特定の部屋や設備に限定して共有する暮らしを想定します。そして最後は完全分離型の二世帯住宅です。これは外観は一戸建てでありながらも、内部の居住空間は完全に分かれているのが、大きな特徴です。2つの玄関から始まり、リビングやダイニング、そしてキッチンやお風呂場といった水回りまで、二世帯が独立して暮らせるように全て別々に設計されています。

それぞれのタイプからメリットを理解しよう!

3つのタイプの二世帯住宅には、それぞれ独自のメリットがあります。まず完全同居型の場合、3つのタイプの中では共有する部分が圧倒的に多いため、部屋や設備が重複することなく、建設コストを最も安く抑えられるのが大きなメリット。また暮らし始めてからも、二世帯の生活空間が一緒なので、子育てや介護など相互のサポートがしやすい点も、メリットとして注目です。

次に部分共有型の大きなメリットは、二世帯それぞれのプライバシーやコミュニケーションが適度に保てることです。これならば二世帯の生活スタイルや価値観が多少異なっても、程よい距離感で暮らすことができます。さらに完全分離型にすれば、もっと二世帯間のプライバシーを高めることが可能です。仮に昼夜のライフスタイルが大きく異っても、お互いに気を使わずに済みます。また電話代や光熱費なども世帯で明確に分けられるので、経済的なトラブルも回避できるでしょう。

一戸建てを購入するときには、安全性が高くて、地盤がいいかについて事前に確認しておくようにするといいでしょう。