完全分離型の二世帯住宅がお勧め

二世帯住宅を建てると言っても、間取りは様々です。玄関や水まわり全てを共有するタイプ、玄関のみ共有で他を分離させるような一部共有型、全てを分離させる完全分離型です。家族なので共有スペースがあっても生活に支障はないと感じるかもしれませんが、敷地面積や費用が許すのであれば、完全分離型をお勧めします。

親世帯と子世帯では生活時間が異なることが多いです。親世帯の就寝時間に、仕事や部活を終えた子世帯がお風呂や食事の時間を迎えるということもあるでしょう。家族であっても、生活音は気になるものです。いずれ大きなストレスに繋がりかねません。完全分離型であれば、ある程度の生活音を気にせずに過ごすことができます。

親子であっても、それぞれに独立していますので、一定の距離感は必要であると考えられます。

費用負担は明確にしておく

金銭問題は重要です。二世帯住宅であれば、建物は大きくなりますし、敷地面積もそれなりに必要です。単世帯住宅を建てるよりも費用がかかる事は必然です。費用負担をどのようにするのか、契約前に必ず話し合っておきましょう。

親世帯が現役で働いている場合はお互いにローンを組む事ができますが、定年間際であったり、既に定年している場合はローン組むことができない可能性が高いです。親世帯がローンを組めない場合、全てを子世帯が組むことになります。親世帯には頭金を出してもらえるのか、月々いくらか金銭の援助をしてもらえるのかなど、費用負担の分担を決めておく必要があります。

また、土地や住宅取得後に毎年必要となる固定資産税や、経年劣化による外壁再塗装や、補修箇所が発生した場合の費用負担についても明確にしておくといいでしょう。

建売住宅とは、家と土地がセットになって販売されている新築の戸建て住宅を指します。分譲住宅という呼び方もよくみられます。