まず経済面のデメリットを知っておくこと

これから注文住宅を検討している方の中には、二世帯同居の暮らしを想定しているケースがあるかもしれません。いわゆる二世帯住宅には様々なメリットがある反面、思わぬデメリットがあるのも事実。完成後の暮らしで後悔しないためにも、二世帯住宅のデメリットもあらかじめよく知っておくことが重要です。

二世帯住宅のデメリットといっても、住宅のタイプごとにそれぞれ異ります。ただし共通して覚えておくべきなのが、経済面でのデメリットでしょう。特に水道やガスあるいは電気といった光熱費、また電話代やテレビの受信料など、ランニングコストに関わる部分は二世帯で混在しやすく、トラブルの原因にもなりかねません。また同じ戸建てに居住している以上、固定資産税なども分けにくいため、こちらもトラブルのもとになり得ます。したがってこれらのトラブルを回避するためにも、あらかじめ費用分担の取り決めをしておくことが、二世帯住宅では求められます。

二世帯住宅のタイプ別にデメリットを理解する

二世帯住宅には大きく分けて2つのタイプがあります。まず1つめは完全同居型と呼ばれるものです。このタイプでは二世帯が同じ屋根の下で、玄関からトイレに至るまで、ほぼ全ての部分を共有した暮らしになります。そのためお互いの生活リズムが異なると、生活音や照明などが気になったり、それぞれの来客時に気を遣うなど、何かとデメリットが生じます。また室内でのプライバシーも保ち難いので、ストレスもたまりやすいかもしれません。

2つめのタイプは完全分離型の二世帯住宅。外観は一戸建て住宅でありながらも、中身は完全に独立した生活を前提に設計されているのが、このタイプの大きな特徴です。したがってほぼ全ての部屋や設備が二世帯分で重複するため、建設コストだけでなく光熱費といったランニングコストまで、負担が大きくなりがちです。また介護や育児が必要になっても、お互い援助し難いのもデメリットと言えるでしょう。

同じような住宅を複数建てる分譲住宅は、資材などをまとめて大量発注しているため、建築費用を抑えられる点が特徴です。