家族構成に合った戸建て住宅に住むことができる

シニア世代になると家族構成に変化が起こるのは一般的なことです。子どもが独立して夫婦2人だけになったり、ペットを家族に1人暮らしをするようになったりする人もいます。家族の人数が少なくなると、一般的なファミリー向けの分譲戸建て住宅は広すぎるように思われることも多いでしょう。家が広いと家事に負担もかかるため、家族の人数に合ったサイズの注文住宅を建てるのがおすすめです。反対にシニアになると、子ども夫婦と同居するケースも増えてきます。世代が異なる家族が一緒に住むとなると難しいことも多いため、同居する場合には二世帯向けの住宅を建てるのがおすすめです。お互いが暮らしやすい間取りにできるのも注文住宅ならではのメリットです。

シニアが暮らしやすい住宅を建てることができる

シニア世代になると、階段の上り下りが辛くなることは少なくありません。しかし一般的な分譲住宅は平屋ではなく、多くが2階建てです。ワンフロアにすべての設備が揃っている家は、シニアにとって暮らしやすいです。とはいえマンションでは庭がなかったりペットを飼うことに制限があったりするでしょう。その点マンションにない良さがあり、階段がない平屋を手に入れられるのが注文住宅のメリットです。 また初めからバリアフリーになっている分譲住宅はほぼありません。スロープや手すり、広い通路などが必要になったときにはリフォームする必要があります。その点、注文住宅なら、まだ必要ではなかったとしても将来を見据えて、トイレや通路、玄関などのバリアフリーを意識して作ることができます。

新築一戸建てを購入するときには、1度内覧して不満があった場合には引き渡し前に修繕してもらうことが大切です。